選挙に行くにしてもどこに/誰に投票すればいいかわからないという方へ

政治
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

はじめに

第49回衆議院議員総選挙が先日10/19に公示され、翌10/20から期日前投票が始まっています。

第49回衆議院議員総選挙 衆院選2021 - 総務省
総務省の第49回衆議院議員総選挙の衆院選2021特設サイトです。投票日は10月31日(日)。選挙に関する様々な情報を発信しています。

投票日は10/31(日)です。

わたしも先日「選挙に行こうよ」という内容の投稿をしました。

政治がわからないからって若者が選挙に行かないと損するよっていうお話
はじめに 第49回衆議院議員総選挙が明日10月19日に公示、そして今月末10月31日に投開票が行われます。 我が家にも本日、投票所入場券が届きました。 せっかくの機会だと思い、私が普段考える選挙に行く意義みたいなことを書こうか...

 

でも、中には選挙に行こうにもどの政党に、どの候補者に投票すればいいのかよくわからない…という方もいらっしゃることでしょう。

そこで今回は、どのようにして投票先を決めればよいか、アドバイス?をしたいと思います。

結論…

以下より各政党の政策に目を通し、検討しましょう。

各政党の政策ページ

投票マッチング

そんな結論では味気ないので、ご自身の意見表明に役立つサイト『投票マッチング』をご紹介します。

20の質問に答えるだけで、あなたの意見に最も近い政党をマッチングしてくれるサービスです。

わたしも実際にやってみました。

各質問は、賛成から反対まで5段階で自分の意見を選ぶ形式です。

さらに、それぞれの質問の政策を実行するにあたってのメリットとデメリットも明示されているので、自分の意見を決めやすくなっています。

 

スタートから約10分ほどで完了しました。

結果は…

ということです。

さらに、最も近い政党だけでなく、他の政党とのマッチング度も出してくれます。

その後、マッチング度の高い政党の政策を中心に見ていけばいいわけです。

わたしが初めて選挙権を得たときは、こんなサービスはなかったと思います。便利な世の中になりましたね。

ただし、これはあくまでも参考情報として考え、最終的には各政党や候補者についてご自身で確認することが必要であるということを、申し添えておきます。

 

さぁみなさん、選挙に行きましょう!!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました