プロフィール

この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク

基本情報

名前:迷子のしろ

年齢:28歳○ヶ月

居住地:関西

お仕事:大学の生命科学系な研究現場、前線と言えば前線だけど割と後方

最終学歴:大学院博士前期課程修了、修士(理学)

趣味

バイク

2012年夏に普通自動二輪免許を取得し、同年冬からバイクに乗り始めた。

本妻:さなちゃん(VTR250)

写真:そたさん

2012年冬から乗り始めたバイク。

通学やツーリングとマルチに使い、かれこれお付き合い10年目。

現在はジムカーナマシンとなる。

こいつに貢いだ金と時間は計り知れず。

名前の由来はナンバーの下2桁が37であること。

250ccのちょっとやんちゃなとこあるけど長距離とか高速とかしんどい至らなさがあるっていう可愛げのあるとこ、名前の可愛さに通ずるじゃん?

後妻:りっちゃん(VFR800F)

2018年夏に増車。

さなちゃんと関東への高速道路メインのツーリングへ行った際にもっと楽なバイクがほしいと思ったのがきっかけ。

主にツーリングマシン。たまにご機嫌取りで通勤に使うことも。

名前の由来はナンバーの上3桁が665、りりこ→りっちゃん。

名前からちょっとお姉さんっぽい感じしない?するよね?

モトジムカーナ

 

2020年夏から始める。

きっかけはもっと上手く乗れるようになりたいということだったのに、気づいたらもっと速くなりたいと思うようになり、無事に沼へ。

さなちゃんがみるみるとジムカーナ仕様へ。

初めて関西パイロン練習会へ参加した日の動画

これまでの戦績

2020年
2020年10月11日 KPR杯第2戦

2HともMCにより567.21%

2020年11月8日 TRY GYMKHANA CUP 最終戦

133.037%

2021年
2021年4月18日 TRY&KPR合同大会

139.363%

2021年5月4日 第13回KRiSP公式記録会

139.24%

2021年8月1日 KPR杯第2戦

128.43%

2021年8月8日 関東事務茶屋杯第2戦

127.56%

2021年10月3日 第14回KRiSP公式記録会

119.89% D1級認定

2021年10月31日 KPR杯第3戦

120.68% Nクラス2位入賞

2021年11月13-15日 2021パイロンパーク鈴鹿杯(段位認定シリーズ最終戦)

仮想トップタイム比111.670% 実質トップタイム比121.245% PPS2段認定

2021年12月5日 TRY GYMKHANA CUP 第2戦

116.420% Nクラス2位入賞 Dクラス認定

2022年
2022年4月17日 ダンロップオートバイカップジムカーナ愛媛大会 スペシャルNステージ

109.23% タイムアップ賞

2022年4月24日 TRY GYMKHANA CUP 第1戦

115.174%

2022年5月3日 第15回KRiSP公式記録会

117.78%

2022年5月8日 KPR杯第1戦

120.99% Nクラス5位入賞

2022年5月15日 ダンロップオートバイカップジムカーナ愛媛大会 第1戦

117.02% Nクラス5位入賞

2022年7月3日 KPR杯 第2戦

119.60% Nクラス優勝 Dクラス認定

2022年8月14日 ダンロップ杯MG9ジムカーナ大会 第2戦

トップ比112.44% Vクラス優勝 指数10431

2022年8月28日 TRY&KPR合同大会

仮想トップ比117.44% トップ比114.13% Dクラス5位入賞 TRY Cクラス認定

https://shiro-maigo.com/trykpr-2022/
2022年9月4日 ダンロップオートバイカップジムカーナ愛媛大会 第2戦

114.41% Nクラス5位入賞 愛媛Cシード認定

研究活動

研究業績

原著論文

Taniguchi H. et al. (2017) Possible roles of the transcription factor Nrf1 (NFE2L1) in neural homeostasis by regulating the gene expression of deubiquitinating enzymes. Biochem Biophys Res Commun. 484(1), 176-183. https://doi.org/10.1016/j.bbrc.2017.01.038

Chowdhury AM. M. A. et al. (2017) Multiple regulatory mechanisms of the biological function of NRF3 (NFE2L3) control cancer cell proliferation. Sci Rep. 7, 12494. https://doi.org/10.1038/s41598-017-12675-y

Aono S. et al. (2019) β-catenin/TCF4 complex-mediated induction of the NRF3 (NFE2L3) gene in cancer cells. Int J Mol Sci 20(13), 3344. https://doi.org/10.3390/ijms20133344

Waku T. et al. (2020) NRF3-POMP-20S proteasome assembly axis promotes cancer development via ubiquitin-independent proteolysis of p53 and Rb. Mol Cell Biol. https://doi.org/10.1128/MCB.00597-19

Waku, T. et al. (2020) NFE2L1 and NFE2L3 complementarily maintain basal proteasome activity in cancer cells through CPEB3-mediated translational repression. Mol Cell Biol. https://doi.org/10.1128/MCB.00010-200

Hirose, S. et al. (2022) NRF3-Mediated mTORC1 Activation Arginine-Dependently Contributes to Cancer Cell Viability Through Mitochondrial Quality Control.(投稿中)

学会発表

国内学会

2016年9月25-27日 第89回日本生化学会大会

2016年11月30日-12月2日 第39回分子生物学会年会

2017年8月11-12日 第22回日本病態プロテアーゼ学会学術集会

2017年9月1-3日 第57回生命科学夏の学校

2017年12月6-9日 ConBio2017

2018年5月10-11日 第6回がんと代謝研究会

2019年5月25日 第66回日本生化学会近畿支部会例会

2019年11月2-3日 第14回日本臨床ストレス応答学会大会

2021年12月1-3日 第44回日本分子生物学会年会

国際学会

Apr. 23-29, 2019 Cold Spring Harbor meeting: Ubiquitins, Autophagy & Disease

Sep. 9-14, 2019 The Environmental Response V

Oct. 23-27, 2022 The 10th International Symposium on Autophagy(予定)

特許

「抗HIV治療薬を利用した抗がん剤」2017年4月26日出願

保有免許・資格等

2012年8月 普通 (現5t限定準中型)自動車第一種免許 取得

2012年11月 普通自動二輪車免許 取得

2014年7月 大型自動二輪車免許 取得

2018年3月 中学校教諭専修免許状(理科)取得

2018年3月 高等学校教諭専修免許状(理科)取得

タイトルとURLをコピーしました