211120 関西パイロン練習会 〜それっぽくいい感じにVTRの同調をとる〜

VTR250
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

はじめに

今日の愛媛はとても楽しかったようですが、そんなに頻繁に遠征に行くような資金のない僕は、京丹波で練習です。

本日のお品書き

本日はAコース。久しぶりな気がしたのですが、どうやら9月5日に走っていたようです。まだノートに記録をとっていた頃、その日のベストは42.342とのこと。

はてさて今日は如何に。

何かがおかしい

先日キャブレターを外してから続いていた不調、プラグコードが抜けていたことが原因だと思っていたのですが、今日も何かがおかしい。やっぱり回転数の下がりが悪い。

プラグコードはちゃんと挿さっている、インシュレーターバンドは締まっている。パッと見は特に問題はない。

でもこんな状態で走っていても、普段とは違った気の使い方をするばっかりで楽しくありません。

そんなわけで、結局こうなりました。

同調が取れていなかった

キャブレターを外してひっくり返してみたところ、同調が取れていませんでした。

なんでキャブレターを外して同調が取れていないってわかるかって?それはスロットルバルブの部分を見ればわかります。以前紫摩さんのブログで見て知りました。

下の写真でスロットルバルブの陰からほんのわずかに見えている穴、これを前後ともに同じくらい見える程度にすればいいのです。

その調整は、この同調調整ネジで行います。

まずはアイドリング調整ネジでリア側を合わせ(このときフロント側も動くけど無視)、続いて同調調整ネジでフロント側を合わせます。同調調整ネジで動くのはフロント側だけになっています。

なんかのタイミングで触っちゃってズレたのかな?とか思いながらも、これでトラブル解決ですね。

午後から走るぞ!

そう意気込んだのはいいものの、なんかやっぱり違和感が。

アクセル開けて回転数が高くなったときに、エンジンの前側からなんかビビり音みたいなのが聞こえる気がする。しばらく変な状態で乗ってたから、エンジンがおかしくなったのか?とか思いつつ、こんなもんだったっけ?とか思いつつ、タイムを詰めようとライン取りを考えたりブレーキのタイミングを変えてみたり。

ただ、寒くなってきたせいか、今日はやたらリアが滑りました。あんまり頑張りすぎると変な感じで転倒しそうな予感がしたので、ちょっとセーブ気味に。15時の時点でタイムは42.877止まり。仮想トップタイムが35.500のようなので(そう過去のノートに書いてあった)、120.78%。。。

最後の最後に…

さて、最後のクールにもうちょっとタイム詰めたいな!と思ってエンジンをかけてウォーマーを外そうとしたときに、ふと目に入ったものが。

バンパーを留めるU字ボルトのナットがなくなってる…。もしかして、さっきまで気になってたビビり音って、ここからなのかも?

こんなの状態で走る気にもならず、心の中では蛍の光が流れていました。気落ちしながら撤収。

帰りしなにコーナンでナットとワッシャーを買いました。テキトーに買って合わなかったら嫌だなと思い、U字ボルトを握りしめ店内に。サイズ確認用のM6のネジ穴に突っ込んでみるも、入らず。径は合ってるよな?ともう一度試みるも、ダメ。というわけで似たような大きさの穴を試してみると、サイズはW1/4だということが判明。W1/4?君、何者?ウィット?初めて聞いたわ。

まぁでも、バンパーちゃんと留められたし、ヨシ!

僕は賢いので、ちゃんと反対側のバンパーもしっかり留まっているか、確認しましたよ。

なんだかんだで不完全燃焼感のある練習日でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました