TRY GYMKHANA大会に向けた整備として行ったことまとめ

VTR250
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

今週末に迫っているTRY GYMKHANA大会に向けて、VTR250の整備をしました。

整備項目は

  • 前後タイヤを大会用に交換
  • チェーンの清掃
  • 洗車
  • 各部注油

の4点です。

前後タイヤの交換

まずは、練習用のタイヤから大会用の減っていないタイヤへの交換。前後ともスパコルです。

フロントはKRiSP公式記録会のタイムアタックとKPR杯の前日練習会・本番の計3回使ったもの。右が練習用のタイヤですが、端が少し反り始めてはいますがもう少しは使えそうな気がします。

 

リアはKPR杯の前日練習会・本番の2回使ったもの。右が練習用タイヤですが、まだ使える?うーん、あともう1回は使ってみようかしら。

タイヤ交換の作業ですが、1月ほど前のKPR杯前後も行っていたこともあって、だいぶ慣れてきた感はあります。ただ、タイヤをホイールからひっぺがすところ、どうもタイヤレバーの使い方とか力の入れ方とかを、体得できていないような感じです。そして無理な力の入れ方をしてしまったのか、腰痛が悪化しましたorz

タイヤの交換が完了してもう一度車体に組み付けるまえに、アスクルシャフトの古いグリスを拭き取って、モリブデングリスを塗りたくっておきます。ちなみに、グリスには色々な種類がありますが、正しい使い分け方がよくわかっていません。詳しい方がおられましたら教えてください。

そんなこんなで、タイヤ交換終了です!

チェーンの清掃

エンジンの駆動力を後輪に伝えるためのチェーンは、とても重要な部品です。これが滑らかに動いてくれないと、せっかくのエンジンの駆動力が失われてしまいます。チェーンの動きが悪くなってしまう要因の一つが、汚れです。走行中に拾ってしまう砂埃や、チェーン・スプロケットの金属同士が擦れて生じる削れかすが、主な汚れでしょう。それらを落とすためのチェーン清掃にいつも使っているのは、ワコーズのチェーンクリーナーです。

洗車

普段より多くの方に会う大会なのですから、せっかくなら車体は綺麗にしておきたいですよね。練習でついた傷ではなく、泥汚れとかホイールについたブレーキダストやチェーン油とか、そういった部分です。というわけで、手洗いで洗車しました。

冬の水は冷たかった。

各部の注油

最後の仕上げとして、各部の注油を行いました。具体的には、チェーン・アクセル/クラッチワイヤー・ブレーキ/クラッチレバー。それぞれには、ワコーズのチェーンルブ、ラスペネ、万能グリスを使用しています。

 

全体的に小綺麗にして、あとは本番を迎えるばかり。

TRYは前日練習会から参加します!コロ助のせいで夏が中止になった分、思いっきり楽しみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました