220703 KPR杯第2戦 参戦レポート 〜ノービス卒業はなるか!?〜

大会会場の全景 VTR250
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

ノービス卒業するんだと意気込んで臨んだKPR杯第1戦。結果はノービス残留。

そういうわけで今回も、ノービス卒業を目標に参戦してきました。

前日練習会

毎度のごとく、路面清掃をしてからの練習です。

お品書きはコチラ。

前日練習会のコース図

左上の立入禁止区域では、溝埋めの左官作業が行われるとのこと。毎回少しずつ埋めていく長期計画での路面補修だそうです(ちなみに費用は全て関西パイロン練習会もちだそうで)。

コースはそんなにがっつりとは走りません。だって大会前日に怪我したくないじゃないですか。と言いつつ3回くらい転倒しました。

そして午後からタイヤ交換です。

タイヤ交換のビード落とし

エアコンプレッサーを持ってきて、楽々ビード上げのはずだったのですが…

ビード上げは手押しで

コンプレッサーだけ持ってきてホースを忘れました。結局人力ビード上げで汗だっくだく。

ウォーマーをかけようと発電機を回そうとしたら、いつもの紐が戻らない不調が出てしまい、練習そっちのけでバラします。ウォーマーなしで大会に臨みたくないので…。

壊れてバラしてる発電機

そんなこんなで、思っていたよりも走らなかった前日練習会でした。

本番!

そうこうして迎えた大会当日。お宿の朝ごはんを食べて会場へ。

お品書き

はてさて今回のフリーセクションは…?(写真左上)

大会当日のコース図

2点目の「通過と連続して回転を行う」という書き方は、「回転を行う場合は通過後に行わなければならない」のか「通過したら回転を行わなければならない」のか、どちらとも解釈できるなぁ。言葉って難しい。あと、回転って何?何度回ればいいの?180度でいいの?それはターン?360度回らないといけない感じ?という議論もありましたね。

ライダースミーティング〜コースウォーク

雨の中のライダーズミーティング

雨の中のライダースミーティングです。コース作成者のハエさんによると、フリーセクションは「通過したら必ず回転しなければならない」ようです。つまり、1回目右から左へ通過して回転、2回目左から右へ通過して回転、その後パイロン間を通過すると3回目の回転をしなければMC扱い。2回目を右側で回転した場合、パイロン間を通過せずによけてゲートを出ないといけないようです。また、足つき可なので、ブレーキターンをやりたい方はどうぞとのこと。

さらにひっさんの質問から、通過後の回転について位置は問わないという言質が取れました。つまり、左から右に通過→パイロン間を通過せずに左のエリアに移動→回転、というのはOKだということです。その発想はなかった。

そんなこんなでコースウォークです。

雨の中のコースウォーク

みなさん、フリーセクションで悩んでおります。僕は直感を信じる派なので、あまり悩みません。

第1ヒート

路面は、ビッショビショってほどではないけどドライでもなく、といった感じ。という気持ちがあったからか、イマイチ攻めきれず。それは走っている最中でもわかるくらい

フリーターンは、2回目左から右に通過した後、パイロン間を通らずに左エリアに移動して右回転。脱出しやすいかなぁと思って。

 

そんなこんなでも、暫定クラストップのタイム。マジか、みんなそんなに攻めきれなかったのか、というお気持ち。

第2ヒート

お昼休みにウォーマーをかけようと発電機の紐を引っ張ったら…

また壊れた発電機

戻らなくなりました\(^o^)/オワタ。前日練でも起こった症状です。こんな大事な場面で使えないなんて、もう買い替えちゃう!そ の 場 で ポ チ り ま し た

最近チラホラ名前を聞くようになったEENOURというブランドのものです。2020年に創立されたようです。サーキットを走っている友人が使っていますが、何か問題があるとは聞いていません。ジムカーナの練習会等で使っている人は知りませんが、まぁ大丈夫でしょう。なにより安いし

そんな発電機が急に使えなくなった僕に、優しく手を差し伸べてくれたのが、とものりーたさん。発電機を貸してくださいました。こんなに優しい彼が結婚できないのは、どうしてでしょう?

そんなこんなお昼休み。また雨足が強くなってきました。もはやドライな路面でのタイムアタックは望めそうにありません。もはやぱおんです。

雨のお昼休み〜トランポから〜

そうこうしている間に出走順が回ってきました。な ん か 知 ら ん け ど、ヘルメットのシールドが濡れていたのでジャージの袖で拭きました。ちゃんとウォーマーかけたし、新品ではないもののまだそんなに減ってないスパコルだし、イメトレはバッチリだし、フリーターンももっとスムーズにいけそうなライン見つけたし、完璧だな(ウェットな路面であることを忘れるための自己暗示)。フリーターンは、並んでいる2本のパイロンに対して斜めに8の字を描くようにすれば、2回目の回転後に切り返し少なくいけるなぁと画策。

ゴール後、タイムを聞いてガッツポーズ1ヒート目から3秒のタイムアップを果たしました!トランポエリアまで戻る際、すでに走り終えて僕の走りを見ていた同じノービスクラスのライバルたちが、拍手で迎えてくださいました。自分でもいい走りができたんじゃないかと思ってたけど、外から見てもいい走りができてたんだなぁ。

ゴール後のガッツポーズ

あまりよろしくないコンディションで満足な走りができたので、マーシャル本部という役職もそつなくこなすことができます。途中どしゃーーーっと降ってきても、たいへんだぁねぇともはや他人事。自分が走るタイミングでそんな雨降らなくてよかった…。

タイムアタック中のひどい雨

結果

圧倒的にぶっちぎりでクラス優勝で昇格かと思いきや、2ペナがついていて119.60%。そんなでもありませんでした。確かにコース図右の狭いゲートの部分、右脚パイロンタッチしそうになって、脚を上げてかわしました。マフラーあたりが当たったのかな?あと1ペナは?そこで2ペナ拾った?もしもペナがなければ、117.44%で圧倒的優勝だったのに…。

でも優勝は優勝だし、昇格は昇格です!8月末のTRY&KPR合同大会からはDクラスで出走します!お手柔らかにお願いします!

もらった賞品たち

いっぱいもらったお土産。今回は、株式会社ベスタ様ウェブサイトTwitter)が大会に協賛してくださり、クラス優勝者にオリジナルマスクのプレゼントがありました!

そして、C2のじぇーさんが、1ヒート目転倒、いい感じで走ってた2ヒート目でミスコースという、ダブルやらかしをキメてくれたので、Twitterで言ってた冗談が実現しました(ミスコースがなかったら実現しなかったかもしれない)。

C2なのにノービスに負けちゃったの?よしよし

乗り換えて1ヶ月なんだししょうがないよね、よしよし。ってしてる図。

 

Dクラスの泥沼にハマらないように、練習して早くC2に上がれるように頑張りたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました